代表挨拶

代表取締役 社長 帆秋 一見
地域社会のインフラ整備へ、
  新しい貢献をめざします。

1986年6月の創立以来30周年を迎えました今日、社会資本整備をとりまく環境は大きく変わりました。公共投資の大幅な削減、入札制度改革、などによる競争の激化により厳しい現状に直面しております。また、少子高齢化・人口減少・財政赤字などの厳しい背景の中ではありますが、我が社は創業時のおもいに立ちかえり、「地域社会に育てていただいた会社」として、技術力、地域の精通度、災害時の即応性、メンテナンスケアなどを通じて、地域住民の快適なくらし、安全・安心なインフラ整備実現のために、私たち社員全員の技術力をもって、地域社会に貢献して参ります。

これまでの関係各位の御支援に感謝すると共に、今後も御指導、御鞭撻を賜わりますよう御願い申し上げます。
ここに、当社の会社概要と働く仲間たち、そして最近の主な実績をまとめましたので、御参考にしていただければ幸いです。

代表取締役 社長 帆秋 一見