代表挨拶

代表取締役 社長 帆秋 一見
地域社会のインフラ整備へ、
  新しい貢献をめざします。

1986年6月の創立以来30有余年を迎えまして、社会資本整備をとりまく環境は大きく変わりました。公共投資の削減、入札制度改革による競争の激化、及び担い手不足などにより厳しい現状に直面しております。それに対して、地球規模の気象変動による自然災害の拡大、これまで整備してきた社会資本の老朽化、及び地方部での社会資本の脆弱さなどの課題が山積しており、我々が地域コンサルタントとして果たす役割は、まだ大きなものがあります。

今後も社名に恥じぬよう技術の研鑽を重ね、「地域社会に育てていただいた会社」として、地域住民の快適なくらし、安全・安心なインフラ整備実現のために、私たち社員全員の技術力をもって、地域社会に貢献してまいります。

これまでの関係各位のご支援に感謝すると共に、今後もご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
ここに、当社の会社概要と働く仲間たち、そして最近の主な実績をまとめましたので、ご参考にしていただければ幸いです。

代表取締役 社長 阿部 健次